【注意ネタバレ有】
はじめの一歩の1175話の予想と1174話の感想や概要です。

画像バレはありませんが、1175話の予想や1174話の感想の中に多少なりともネタバレが含まれると思うので注意してくださいね。

鷹村の「やるかやらないか」との言葉を聞き、自分のボクシングを見つめなおした一歩。

⇒ 1173話のおさらい

できるところまでやってみようと決意をしなおした一歩ですが、今回はどのような話になるのでしょうか。



はじめの一歩 ネタバレ 1174話の概要

一歩の対戦相手

かつて一歩と対戦し、一歩を苦しめたマルコム・ゲドー

一歩と八木は彼の最近の試合の映像を見ている。

左を得意として『左の魔術師』と呼ばれていたゲドーが、その映像では終始押されて挽回できぬまま敗戦してしまうという試合だった。

ゲドーを降したのはフィリピンのフェザー級チャンピオンとなったアントニオ・ゲバラという若い選手。

次の一歩の再起戦の相手だった。


サウスポーとの闘い方

一歩と板垣は一緒に河川敷でロードワークをしている。

すると一歩は弱々しく「学くん、どうしよ~」と弱音を板垣にはく。

どうしたんですかと心配する板垣。

一歩の悩みは次の対戦相手がサウスポーだということにあった。

一歩はこれまでスパーリングではサウスポーと拳を交えたことはあったが、試合では一度も対戦したことがなかったのだ。

アマチュアボクシングでは比較的サウスポーも多く、アマ出身の板垣にアドバイスを求めたのだった。

板垣は自分より強い人にアドバイスをするなんて、変な感じがしていたが、サウスポーとやり合う時の基本の戦い方と違いをレクチャーする。

サウスポーと打ち合う時の肝となるのは、自分がいかに戦いやすいポジションを確保できるかという『場所取り合戦』ということをつたえる。

そのうえで、一歩の強みを活かせられそうな戦い方を教えようとしたところで、今回は終了。


1175話へつづく


スポンサーリンク

はじめの一歩 ネタバレ 1175話の予想

一歩の次の対戦相手が決まりましたね。

一歩も手こずったマルコム・ゲドーを倒したアントニオ・ゲバラという若いフィリピン王者。

一歩がサウスポーと対戦したことがなかったというのが、意外でした。

長年、『はじめの一歩』を愛読していますが、意外と気が付かないものですね。

さて、1174話ではサウスポーとの戦い方のレクチャーが中心に話が進みました。

ボクシングをしたことがある人にはわかることなのでしょうが、やったことのない人にとっては、「へえ~、そんな風に感じるものなのか」となかなか興味深い話しでした。

1175話でも、まだレクチャーがありそうなので、一歩の強みとサウスポー対策がマッチしていく特訓がみられるかもしれませんね。



← 1173話へ



本日も最後まで読んでくださりありがとうございます!
これからもどんどん記事を投稿していきますので、
よかったらブックマークをお願いします。



◎この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

⇒ はじめの一歩 アニメの順番はどう見るのが正しい?一覧をまとめてみた

⇒ はじめの一歩を動画でみよう!1期の目次とあらすじを紹介

⇒ はじめの一歩を動画でみよう!2期(New challenger)の目次とあらすじ

⇒ はじめの一歩を動画でみよう!3期(Rising)の目次とあらすじ



『はじめの一歩』をアニメで観よう!

マンガもいいけど、臨場感を味わうならアニメ!

『はじめの一歩』をアニメで観るなら『U-NEXT』が断然オススメです!

『U-NEXT』では『はじめの一歩』が今は見放題になっています。

しかもU-NEXTに会員登録すると特典で31日間無料で見放題です。

この機会でぜひためしてみてくださいね。

⇒ 『U-NEXT』で『はじめの一歩』を観る