【注意ネタバレ有】
はじめの一歩の1173話の予想と1172話の感想や概要です。

画像バレはありませんが、1173話の予想や1172話の感想の中に多少なりともネタバレが含まれると思うので注意してくださいね。

前回は板垣と木村と青木の試合が始まり、板垣は勝利するも木村が泥仕合のドローという結果をうけ、青木の試合開始のところで終わりました。

⇒ 1171話のおさらい

このまま青木も泥仕合で終えるのかそれとも・・・



はじめの一歩 ネタバレ 1172話の概要

ボクシングの難しさ

鷹村と一緒に板垣、木村、青木の試合を観戦していた一歩。

板垣は勝利し、木村はドローという結果のあと、青木の試合が始まっていた。

いつものように青木が深くかがみこみ、カエルパンチの体勢に入る。

対戦相手もそれをわかっていたいたようで顎下をブロックする。

しかし、いつまでたっても青木が飛び上がってこないので、対戦相手が様子をみるためにチラッとガードをはずした。

するとそれを見逃さなかった青木が勢いよく飛び上がりアッパーをくらわせ、ベルツノが炸裂し、そのままKO勝利するのだった。

青木が負けると予想していた鷹村は、これだからボクシングは難しいと漏らす。

その言葉に一歩は自分が今、ボクシングの難しさについて悩んでいることとダブらせるのだった。

試合が終わり、鷹村からボクシングを続けるための答えがでたかとたずねられた。

一歩はそのことについては中途半端なままではあるが、新型デンプシーロールの完成を会長に見せたいと鷹村に告げる。

鷹村は「じじいが喜ぶんだったらいいか。泣かすんじゃねーぞ」と言いその場を後にした。


帰り道

帰りに青木たちと合流した一歩。

青木と板垣は勝利していたので良い気分だったのだが、一人ドローで試合を終えてしまった木村のテンションは落ちていた。

青木は一歩に愚痴聞きとして木村と一緒に帰ってあげてくれとたのまれる。

木村との帰り道の道中、木村から今の自分は目標があいまいになっていて中途半端な状態だと告げられる。

鷹村の言葉と同様に、木村の中途半端という言葉に一歩は今の自分の状態と重ねてしまう。


会長のミット打ち

鴨川ジムでは久しぶりに会長が戻ってきていて、鷹村とミット打ちを行っていた。

それを横で見ていた一歩。

鷹村のミット打ちが終わると、会長から「小僧、リングにあがれ」との指示がありミット打ちをする前で1172話は終わり。


1173話へつづく


スポンサーリンク

はじめの一歩 ネタバレ 1173話の予想

一歩と鷹村の久々のボクシングについての意見交換が見れた1172話でしたが、一歩はまだ復帰にあたって自分の考えを整理できていませんでした。

仲間とのやり取りの中でこのままの状態がダメなのかなと感じたりするシーンもありましたが、このことについてはもう少し時間をかけて描かれていきそうですね。

さて、会長が山でのミット打ちの特訓から戻ってきました。

1173話では一歩と会長の新型デンプシーロールを想定した激しいミット打ちの練習風景が見れそうですね。

新型デンプシーロールをミットで受けてみて会長からはどんな言葉が聞けるのでしょうか?

改善しなければならない課題なんかもでてくるかもしれませんね。


← 1171話へ



本日も最後まで読んでくださりありがとうございます!
これからもどんどん記事を投稿していきますので、
よかったらブックマークをお願いします。



◎この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

⇒ はじめの一歩 アニメの順番はどう見るのが正しい?一覧をまとめてみた

⇒ はじめの一歩を動画でみよう!1期の目次とあらすじを紹介

⇒ はじめの一歩を動画でみよう!2期(New challenger)の目次とあらすじ

⇒ はじめの一歩を動画でみよう!3期(Rising)の目次とあらすじ



『はじめの一歩』をアニメで観よう!

マンガもいいけど、臨場感を味わうならアニメ!

『はじめの一歩』をアニメで観るなら『U-NEXT』が断然オススメです!

『U-NEXT』では『はじめの一歩』が今は見放題になっています。

しかもU-NEXTに会員登録すると特典で31日間無料で見放題です。

この機会でぜひためしてみてくださいね。

⇒ 『U-NEXT』で『はじめの一歩』を観る