【注意ネタバレ有】
はじめの一歩の1164話の予想と1163話の感想や概要です。

画像バレはありませんが、1164話の予想や1163話の感想の中に多少なりともネタバレが含まれると思うので注意してくださいね。

前回は一歩のパンチドランカーであるかの診断の途中で終わりましたね。

⇒ 1162話のおさらい

紙に直線を引くテストを終えた一歩は次にロープの上を歩くことになるのですが、ひっぱりますね~

さてさて、結果はいかがなものだったのでしょうか?



はじめの一歩 ネタバレ 1163話の概要

パンチドランカーの診断

ジムの練習場の床に真っ直ぐ置かれたロープの上を歩いた一歩。

途中、青木からわっと大声を出され驚かされる場面もあったが、無事に一歩は真っ直ぐロープの上を歩くことができた。

そして会長は一歩をリンクの上にあげた。

自らミット打ちの相手をすることで一歩の状態を判断することにしたのだった。

グローブを着けてリングに上がる一歩を周りの仲間たちは、あれからどのように一歩が変化したのかを期待の眼差しでみていた。

会長と一歩のミット打ちが始まる。

しかし以前の一歩と変わらずこれといった変化がない姿に一同は戸惑いを覚えていた。

一歩の拳を受けていた会長が一歩の顔をめがけてミットを繰り出す。

すると一歩はフラつくようにミットをかわし、その姿に会長はこんな簡単な攻撃もかわしきることができないことにダメージが蓄積されて壊れてしまったのかと苦悶の表情を浮かべてしまう。

一方の一歩はというと重りを外して動くことにまだ慣れておらず、体がフワフワしたような状態で思うように体を動かせないでいた。

しかしこれまでの訓練のおかげで不安定な体勢でも軸をしっかりと保ったまま踏ん張っていた。

そしてそんな不安定な体勢から拳を繰り出すという信じられない動きをするのだった。

一歩の拳は下から会長のミットめがけて上にくりだされる。

一歩の拳を受けた会長のミットが天井めがけて弾かれる。

その光景をみていた一同はもちろん、会長も驚きを隠せないでいた。

もう一度会長がミットを繰り出すと一歩はバランス悪くかわしてしまい不安定な体勢になってしまうが、今度はサウスポーの形で片足を軸にしっかり踏ん張った体勢からまたも拳を繰り出すのだった。

会長もこれまでになかった一歩の攻撃スタイルに驚く。

そのまま一歩は左から右、上から下と通常では考えられない体勢から拳を繰り出す。

一歩は必死だった。

ここで認められなければ大好きなボクシングができなくなってしまう。

やめたくない!まだボクシングを続けたいっ

そんな思いから必死に拳を繰り出す。

会長は一歩の拳を防戦一方で受けるのがやっとだった。

会長がコーナーまで追い詰められると、後ろから鷹村が一歩の身体を抱え止める。

そして鷹村は会長にどうだった?

と聞くと会長は合格じゃと言った後、腰を落としコーナーにうずくまった。


1164話へつづく

スポンサーリンク

はじめの一歩 ネタバレ 1164話の予想

長かった一歩のパンチドランカーの疑いがやっと晴れた1163話でした。

マンガの描写でもあったようにとんでもない体勢からでも、受けてしまえばダウンが確実な威力のあるパンチを繰り出していました。

今までにないちょっと異端なボクシングスタイルを感じましたね。

どんな体勢からでも破壊力のあるパンチが飛んでくるのでは対戦する相手も動きが読みにくく自分のリズムも崩しそうです。

これからもっと新型デンプシーロールに磨きをかけていくと思いますが今後の世界戦に向けた対戦相手の筋道がとっても気になってきました。

早く試合で新型デンプシーロールをお目にかけたいものです。


← 1162話へ



本日も最後まで読んでくださりありがとうございます!
これからもどんどん記事を投稿していきますので、
よかったらブックマークをお願いします。



◎この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

⇒ はじめの一歩 アニメの順番はどう見るのが正しい?一覧をまとめてみた

⇒ はじめの一歩を動画でみよう!1期の目次とあらすじを紹介

⇒ はじめの一歩を動画でみよう!2期(New challenger)の目次とあらすじ

⇒ はじめの一歩を動画でみよう!3期(Rising)の目次とあらすじ



『はじめの一歩』をアニメで観よう!

マンガもいいけど、臨場感を味わうならアニメ!

『はじめの一歩』をアニメで観るなら『U-NEXT』が断然オススメです!

『U-NEXT』では『はじめの一歩』が今は見放題になっています。

しかもU-NEXTに会員登録すると特典で31日間無料で見放題です。

この機会でぜひためしてみてくださいね。

⇒ 『U-NEXT』で『はじめの一歩』を観る