ゴールデンカムイの86話予想と85話の感想や概要です。

画像バレが少しあります。またゴールデンカムイの86話の予想や85話の感想の中に多少なりともネタバレが含まれると思うので注意してくださいね。

前回はシスター宮沢への勝手な恋心から始まる白石のシスター探しの旅がはじまりました。

熊岸長庵をからもらったシスターの絵がどのような白石の旅の結末につながっていくのでしょうか。


ゴールデンカムイ ネタバレ 85話の概要

恋という堅牢な檻へ

「樺戸を脱獄した俺が真っ先に向かったのは・・・」

「賭場だった」と語りだした白井。

「おい!シスターを探すんじゃねえのかよッ」と突っ込むキロランケ

話は白井の過去に移る。

白井は博打がしたくて賭場に行ったのではなく、賭場にいる出獄したヤクザどもから情報を集めるために行ったと語る。

監獄に出入りしているシスターは珍しいからだ。

そこで一人のヤクザから群馬の前橋監獄に入っていたやつからシスターを見かけたという情報を得る。

早速、白井は群馬県の前橋監獄に門の前でシスター宮沢を待った。

しかし待つ時間が惜しく、門番に聞いたのだが

「オイお前、白石だろッ」と幼年監獄で顔なじみの看守に捕まってしまう。

回りくどい結果になったが前橋監獄の中へ入ることはできたのだった。

しかし、雑居房でシスター宮沢がいたという形跡がないことを知るのだった。

シスター宮沢を探すには監獄からでなければならない。

白井は思わぬ方法で脱獄を計ることになる

独居房で手錠と鉄丸でつけられた白井は待遇改善の抗議として数週間飯を食わずにいた。

ガリガリになった白井の姿を見かねた看守は根負けして手錠と鉄丸をはずすことになる。

しかしそれが白井のねらいであった。

前橋監獄の雑居房は江戸時代の牢獄形式で、見通しがきくようにすべて木格子で外からの雨風が入るくらい吹きさらしの牢獄である。

房の便所はそとの鍵を開け排せつ物が溜まった桶を取り出す仕組みになっていた。

格子の隙間から腕は出せるが鍵までは届かなかった。

以前の白井だったなら。

白井は脱獄するために痩せたのであった。

隠し持っていた針金で錠前をこじ開けると便所に頭を突っ込んで糞まみれになりながら脱獄するのだった。


スポンサーリンク

脱獄王の由来

前橋監獄で看守から「石川県の金沢監獄にシスターがいた」という情報を聞いていた白石は金沢監獄に向かった。

今回は手っ取り早く進入した白石だったが、前橋監獄の看守が「白石が金沢監獄へ向かうだろう」と地元の警察に通報していたことから捕まってしまう。

しかし、ここにもシスター宮沢はおらず脱獄し、この調子で秋田監獄、京都府監獄と出向き捕まりは脱獄するということを繰り返し、いつしか白石は「脱獄王」と呼ばれるようになった。

そして埼玉にいたときに野菜泥棒をして農夫にボコボコにされて警察につかまるのである。

そんな「脱獄王」だから日本一厳重な監獄ならば逃走は不可能であろうとのことから、白石は網走監獄へ収監されるのだった。

ここでもシスター宮沢をみたものはおらず、探すことにいささか疲れた白石だったが、ある日敷地内をあるいていたところ、敷地内の教会にシスターの姿をみかける。

それを見逃さず教会へかけよる白石はついにシスターと対面することになる。

「シスター宮沢様ではございませんか?」白石は涙ながらにシスターに尋ねる。

シスターは「はい・・・以前どこかで?網走へきたのは初めてですが」といぶかしげに答えた。

(いた・・・・!!ついに・・・ッ)

白石は会えた感動を振り絞るように

「私はずっとずっと!!あなたを探していました!!」

「この絵の中のあなたを・・・!!」

無題

シスターの顔をたしかめると、

無題2

その絵とそっくりのシスター宮沢だったのでした・・・

「熊岸長庵はめっちゃ絵がうまい」としめくくる白石だったのでした。


永倉と土方の再開

「しかし網走集治監といえば・・・あの時は心臓が止まるかと思いましたな」

と話は永倉の樺戸集治監でのできごとに移る。

「先生、また来年もよろしくお願いします」

「では良いお年を」と看守とあいさつをする永倉。

その横で移動をしている囚人たちとすれ違う永倉に思わぬ人から声を掛けられる。

「ガムシン・・・」

驚き振り返る永倉が目にしたのは

「なんてことだ・・・土方さん、あなたですか?」

そこには笑みをたたえた土方がいたのであった。


86話へつづく


ゴールデンカムイ ネタバレ 86話の予想

白石のシスター宮沢の恋慕の旅はおもしろかったですね~

脱獄王の由来もシスター宮沢への色心から生まれたものだったのですね。

勝手にいいように想像を膨らました白石が悪いのですが、あそこまで顔が絵と似ているとは・・・なんか白石らいいといえば白石らしいのですが。。

その話のあとで始まった永倉と土方の再開の話。

次回の86話では決別していた二人の過去の出来事が掘り返されそうですね。

そして再開した二人はどのように亀裂のはいった溝を埋めていくことになるのでしょうか。

次回の86話もたのしみです。





本日も最後まで読んでくださりありがとうございます!
これからもどんどん記事を投稿していきますので、
よかったらブックマークをお願いします。



◎マンガ好きな人はたくさんのマンガを読みたいですよね。
いつでもどこでも読めて、かさばらない電子書籍はとっても便利!
『eBookJapan』PCでもスマホでも読める日本最大級のマンガサイト!
無料で読める立ち読みもあるので、ぜひためし読みしてみてください。
⇒ eBookJapan